トップ  >  ➤理事長ご挨拶

HOME>BERCについて>理事長挨拶

  理事長ご挨拶

理事長 矢野 薫(日本電気株式会社 取締役会長)

一般社団法人経営倫理実践研究センター
理事長 上 野 幹 夫
(中外製薬株式会社 代表取締役副会長)


「経営倫理を組織の隅々に浸透させよう」


 経営倫理実践研究センターは、経営倫理を実践研究するわが国初の産学協同の専門機関として1997年に発足しました。そして、2017年11月に創立20周年を迎えます。この間、日本経営倫理学会と日本経営倫理士協会との連携のもと、経営倫理に関する国内外の情報収集や研究、企業活動におけるコンサルティング、企業人への啓発・普及などに努めてきております。

 「経営倫理」や「コンプライアンス」という言葉も道徳的な意味合いしか持たなかった発足当時、当センターは行動規範の制定や経営倫理教育の実施に関する2つの研究会をスタートさせました。文字通り経営倫理の実践を会員企業とともに研究をしていこうというこの分野では先駆的な存在でした。発足当時は20社にも満たなかった会員企業がいまや160社を超えるほどになりました。また会員のニーズに合わせていった結果、2017年度の部会・研究会は28にも上っています。

 センターの中心的活動である部会・研究会活動は、創設以来会長を務められた水谷雅一さん、理事長を務められた福原義春さんの思いから、会員による自主運営をポリシーとしてスタートしました。会員数が増えた現在でも、アドバイザーの先生方のサポートはあるもののテーマ毎に会員同士のディスカッションがあり、経営倫理のありかたにつきその意識を高めていくところに大いなる特徴があります。単なる座学とは異なり、会員同士あるいはアドバイザーから議論を通じ得た成果を自社に持ち帰り、それぞれの会社の中に経営倫理を定着させることはもちろん、部会・研究会で得られた会員同士のネットワークによって我が国産業界に経営倫理を普及させる一助にもなっています。

 さて、コンプライアンスという言葉は、単に法令を遵守するということではなく、社会的要請に応じていくという意味だととらえています。当センターの部会・研究会に参画していただいている会員企業の担当者の方はご存知かと思いますが、果たして会員企業においても隅々まで浸透しているか、まして会員でない企業においてはどうだろうかとよく考えます。一層のグローバル化をはじめ企業を取り巻く環境も従来とは比較にならないスピードで変化しているなかで、組織に働く一人一人がこうした意識を持ち、また持ち続けていくことがとても大切なことだと思います。こうした点でさらに会員企業の役に立つべく当センターは活動していく所存です。

 企業は「社会の公器」と言われて久しく、企業は社会からの信頼を獲得できなければ、現代ではその存続が難しくなっています。このような背景のもと、当センターの果たすべき役割と社会からの期待はますます大きくなっていくものと考えております。我が国産業界に経営倫理の輪が大きく広がることを願っています。

(2017年6月)




一般社団法人 経営倫理実践研究センター 〒107-0052 港区赤坂1-1-12明産溜池8F TEL 03(6441)0640 FAX 03(6441)0641
Copyright(C) BERC 2009-2015 All Rights Reserved. Supported by bizknowledge