トップ  >  トピックス

HOME>トピックス

トピックス

2015 この夏のびっくり!

BERC主任研究員 星野邦夫

◆パラダイムシフトの実感

  「パラダイムシフト」とは「認識の劇的転換」。学者や評論家がちょっと格好をつけて使う言葉のように思うが、もともとは1960年代アメリカの科学史家トマス・クーンが使い出した言葉だそうだ。例として天動説が地動説に代わったこと。ニュートン力学がアインシュタインの相対性理論に代わったことなどである。パラダイムシフトは「パラダイム転換」とか「パラダイムチェンジ」とも言い換えられ、今日では科学分野にかぎらずあらゆる分野で使われている。つまり平たく言えば「びっくり!」ということか。
 私にとってこの夏のパラダイムシフトといえば、一つは東芝不適切会計事件。もう一つはお笑い芸人又吉直樹さんの芥川賞受賞である。
 東芝のイメージは、親しい友人で同社社員の真面目さも手伝って「地味だが堅実な会社」できた。わが家で使う家電製品は何かと東芝製が多く、LED電灯や冷蔵庫、エアコン、ウォシュレット、パソコンなど、これまで製品として大きく裏切られたことはない。
 しかし今回7月20日に発表された294頁に及ぶ第三者委員会の報告によるとその真相は元会長、前副会長、現社長が関与した組織的で長期的かつ大規模な粉飾会計であったとこがわかる。「地味だが堅実な会社」ではなく、「静かに不正を隠し続けてきた無謀な会社」であったことがわかり、心底騙された気がする。
 2008年度から2014年度第3四半期までの不適切会計の累計額は1518億円(自主チェック分を合わせると1562億円)に上るそうだ。もしかするとこれだけで済まないかもしれない。
 もう一つの「びっくり!」、又吉直樹さんは、パラダイムシフトと言っても良いパラダイムシフトである。私はもともと文化芸術に感度の鈍い性格なのでお笑い文化がよく理解できてない。テレビなどで若い芸人がでてくるとすぐチャンネルを変えてしまう。なかでも又吉さんについては、暗くて間が悪く、ほとんどなにも面白く無い芸人との評価をしてきた。
 それでも、直木賞が出る時の文藝春秋はだいたい読んできたので、今年も発売されるやすぐに買いもとめ、受賞作「火花」を読んでみた。数頁読み進むとこれはただ者ではないとわかり、一気に最後まで読み切ってしまった。
 「報われることの少ない二人の芸人が都会の片隅で潰されそうになりながらも夢を捨てきれず、やせ我慢をしながら今日を生きていく」というような、はたから見るとたわいもない話なのだが、とてもピュアで優しく懐かしい空気が心地よく、心を洗ってくれるような作品」と感じた。ストーリーの組み立ても文章の運びも洒脱で、決して一発屋ではないと思う。
聞けば又吉さんは大変な読書家で小学6年生の時からびっしりと話のネタ帳を作り続けてきたという。人には様々な才能がある。見てくれや話ぶり、あまり売れてない芸人ということでなんとなく下の評価をしていた自分を恥ずかしく思った。これぞまさしく「パラダイムシフト、認識の劇的転換」を経験した夏であった。

続きはコチラから


一般社団法人 経営倫理実践研究センター 〒107-0052 港区赤坂1-1-12明産溜池8F TEL 03(6441)0640 FAX 03(6441)0641
Copyright(C) BERC 2009-2015 All Rights Reserved. Supported by bizknowledge