トップ  >  BERCフェロー 岩倉秀雄
 フェロー 


フェロー

岩倉秀雄(いわくら ひでお)


現職
雪印メグミルク(株)CSR部、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員、
日本経営倫理学会会員、組織学会会員、日本協同組合学会会員、元日本トライアスロン協会理事長
略歴
・全国酪農業協同組合連合会(全酪連)で乳業の商品開発・ブランド再構築により乳業部門の売上を600億円から1000億円に拡大したが、「全酪連牛乳不正表示事件」が発生し、危機対応、経営刷新、組織風土改革運動(事務局長)、経営再建に奔走。雪印乳業(株)と提携し経営再建中に、同社とその子会社の食中毒事件・食肉偽装事件が発生し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長として、同社の設立に関与し移籍した。同社では、コンプライアンス部長(コンプライアンス・内部監査)として、コンプライアンス体制をゼロから構築し、子会社の管理担当常務を経て、雪印メグミルク(株)社史編纂室で『日本ミルクコミュニティ史』、『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)。
学歴:北海道大学農学部農芸化学学科卒業、修士(国際経営学 青山学院大学)
一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程単位取得退学
主な研究領域
・組織論、戦略論、会社法、コンプライアンス、CSR、危機対策、組織文化革新、協同組合の環境適合戦略、商品開発とマーケティング、地方創生等
過去の講演テーマ
【学会報告】1.「組織文化と組織革新」2.「酪農全国連の経営課題と環境適合-組織論の視点から」3.「危機管理と組織風土改革-全酪連と雪印の事件に触れて」4.「協同組合組織の環境適合戦略と組織革新」5.「協同組合組織の環境適合戦略」6.「倫理再生」(共同)7.「コンプライアンス経営と組織文化-組織風土改革運動の経験を踏まえて」8.「企業不祥事と組織改革-全酪連と雪印乳業のケースを踏まえて」【講演】CSR経営・コンプライアンス経営に関するもの多数。
主要著書
1.『コンプライアンスの理論と実践』(単著、商事法務)
2.『内部通報制度ガイドライン』(共著、商事法務)
3.『日本ミルクコミュニティ史』(共著)
4.『雪印乳業史 第7巻』(共著)
5.修士論文:「組織連合体の環境適合戦略」
6.博士単位取得論文:「コンプライアンス経営と組織文化」
その他
・業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等アイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会を設立、理事長(後東京都協会副会長兼務)として地方組織の設立、全日本選手権大会の開催、地方大会の開催支援、競技ルールの制定等、競技の普及に努めた。(会員数を2,000人から10,000人に拡大)

一般社団法人 経営倫理実践研究センター 〒107-0052 港区赤坂1-1-12明産溜池8F TEL 03(6441)0640 FAX 03(6441)0641
Copyright(C) BERC 2009-2015 All Rights Reserved. Supported by bizknowledge